岐阜県垂井町の特別養護老人ホーム・デイサービス

社会福祉法人 白寿会 いぶき苑 IBUKI-EN

みんなのブログ日記

2019.02.23  居宅介護支援事業所

2月の質問から

皆さん、こんにちわ。
今日は「認知症で転倒リスクが高いのに立ち上がりがある人の対応について」
お話します。
認知症の場合、「ここがどこかわからない」「車いすに乗っていることを忘れる」「介助者が押している車いすで急に立ち上がる」など、場所や危険の認識ができなくなります。
車いすを利用時の注意をお伝えしても、何度も何度も立ち上がり歩こうとする認知症の方への対応をまとめてみました。

●夢中になれる物を用意する。
●一緒に行動する。
●トイレ誘導してみる。
●水分補給してみる。
●食事の時間を伝えてみる。
●誰かの隣に誘導してみる。
●仮眠してもらう。
●しばらく歩かせてみて何をしたいのか把握する。
●歩かせる方向で訓練等を勧めてみる。
●居室へ誘導してみて何をしたいか探る
●クッションを使用してみる。

いろんな意見が出ましたが、やはり立ち上がるには何か理由があるはずです。本人が何をしたいのかを共有して対応するのが一番かも知れませんね。

                     【介護支援専門員】

Copyright© ibukien.jp. All Rights Reserved.