岐阜県垂井町の特別養護老人ホーム・デイサービス

社会福祉法人 白寿会 いぶき苑 IBUKI-EN

みんなのブログ日記

2019.07.10  栄養管理室

七夕の献立紹介

7月7日(日) 七夕☆.。.:*・゜

<献立>
*七夕そうめん
*いなり寿司
*煮物盛り合わせ
*すいか

「7月7日」七夕の日の食べ物といえば、【そうめん】。
ということで、いぶき苑でも当日はおそうめんを提供しました。

所で、何故七夕にそうめんを食べる習慣があるのかご存知でしょうか。
私も詳しくは知らなかったので、少し調べてみました。

実は7月7日にそうめんを食べるという風習は平安時代からあり、今で言うそうめんの原型になっているものを七夕に食べていたという記録が「延喜式」の中に残っているのだそうです。

その由来は中国にあり、古代の中国王朝を治めていた王の子供が7月7日に亡くなり、その後鬼となって蘇って病気を国中に流行させました。

これに困った人々が鬼となる前に好物だった索餅を供えて鬼のたたりを鎮めたという故事にちなんで七夕に索餅を食べるという風習が生まれ、その風習が平安時代に日本に伝わり、索餅が年代を経過すると共に、そうめんに形を変えたという事です。

別館栄養士

Copyright© ibukien.jp. All Rights Reserved.