岐阜県垂井町の特別養護老人ホーム・デイサービス

社会福祉法人 白寿会 いぶき苑 IBUKI-EN

みんなのブログ日記

blog-diary

2021.03.26  医務室

 笑顔でリフレッシュ

こんにちは(^^)v
3月ももう少しで終わりです。桜の花も咲き始め庭にすみれやタンポポの花をみつけるとなぜかうれしくなります。春は好きな季節ですが3月は別れの季節でもあります。学生生活を終えた卒業生ばかりでなく転勤や職員の異動など多くの人達が別れを体験することでしょう。とても悲しいことですが新しい生活の始まりでもあります。
 以前こんな記事を見つけました。「笑い」のことです。笑うことによって免疫力をアップし癌細胞抑制効果があるというのです。笑うことは認知症防止や痛みを和らげたり何といっても笑いの第一の効用は心身のリラックス作用であるということです。嫌なこと悩みも一杯の世の中だからこそ「笑いと笑顔」で乗り切りたいと思います。
 健康をつくるのは自分です。バランスの良い食事に運動、充分な睡眠をとって笑顔で健康な日々を過ごしたいものです。        (^O^)/

blog-diary

2021.02.20  医務室

暦の上では、春なのに・・・。

皆様、ご機嫌はいかがでしょうか?
立春も過ぎて、春~となる予定でしたが・・・再び、冬に逆戻り(寒の戻り)、というか・・・かなりの大雪です。(2/18)

コロナ禍で、緊急事態宣言の真っ最中、ここが正念場・・・
①手洗い、うがい
②マスク着用
③黙食
④換気
⑤手指消毒
・・・

新型コロナウイルスワクチンも、65歳以上の接種は、4月から始まる予定。とニュースの話題になっています。
施設で過ごされて見える方々は、持病もあり、、、今後の動向に注目です。

今年は、東京オリンピックの開催予定でもあり、新会長(橋本聖子さん)に期待しています。

時代の流れと共に、ニューノーマルな世界が浸透しています。
新たな時代へ パラダイムシフト~

全集中の呼吸と共に・・・
皆で、元気に過ごしましょう。
笑顔あふれる世界に~

それでは、また~ごきげんよう~(^^)/

blog-diary

2021.01.30  医務室

緊急事態宣言のなか…

1月ももう終わろうとしています。
この冬は寒くて雪もたくさん降り、空気も乾燥していますね…
マスクと手洗い、手指消毒のおかげか風邪にかからずに過ごせています。

年末からコロナウイルスの勢いは止むことなく、緊急事態宣言を出され、『我慢』の日々が続いています。
また、それとともに、毎日更新されるコロナウイルス感染者数を確認し(岐阜県分)、高齢者施設での感染、クラスターの文字に恐怖を覚えます。

万が一の備えはできていも、実際に陽性者が出たときに適切な対応ができるのかの不安もないと言えません。

若い方の死亡率は低く、高齢者・疾患のある人は死亡率が高い… 
テレビで観る、重症者が管によってつながれている生命と、それに対応している医療従事者の緊迫感、観ていると胸が痛む思いです。

3密を避けることはもちろんですが、手洗い、手指消毒の大切さも改めて感じています。

コロナウイルスが流行する前は、家族や友だちと外食することが多々あり、そこでは大きな声で楽しく・おかしく話をすることも当たり前でした。
それが今、できない状況にあります。

外食産業の時間短縮が緊急事態宣言のなか行われていますが、何がなんでも外食してはいけないのではなく、食事やお酒を飲むときには、マスクを外さなければならないこと、そこで以前のように、楽しくおかしく大きな声で話したり、笑ったりすることで、無症状者のウイルスに感染することがあると意識していることがきっと重要なことだと思います。

家の中や、職場の休憩場所などでもマスクを外して会話することで感染しています。

人を疑いたくはないし、まさか自分が陽性だなどとは思いたくはないですが、今はそこを意識することが感染を予防する鍵になるのではとも思います。

もう少ししたらワクチン接種も始まります。そのことはまた、詳細が決まっていないため書くことは控えます。

今はただ一日も早く、効果のある安全な薬が開発され、ワクチンの安全性も確認され、コロナウイルスが収束していくことを願っています。

Copyright© ibukien.jp. All Rights Reserved.