岐阜県垂井町の特別養護老人ホーム・デイサービス

社会福祉法人 白寿会 いぶき苑 IBUKI-EN

みんなのブログ日記

blog-diary

2019.09.06  医務室

秋の健康診断

 毎年2回、利用者様の健康診断が行われます。
今年の秋の健康診断は、9月中旬から始まります。
施設内で採血と、医院で心電図、胸のレントゲン、病気によってCTの検査があります。
医院へは、苑のバスに乗って行く為、普段外出の機会が少ない利用者様にとっては、気分転換になります。
看護師が付き添い、楽しくお話ししながら出かけますよ。

blog-diary

2019.08.14  医務室

熱中症対策について

みなさん!こんにちは。
8月に入りました。暦の上では立秋となりましたが、残暑が続いています。
夏バテしていませんか?
水分補給だけでなく塩分補給を行い、体調を整えましょう。
暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりする事が原因で熱中症になります。
めまいやふらつき等ある時は、涼しい部屋ですぐ横になり休みましょう。
電解質を適量に含んだ冷えた飲料を飲みましょう。
(経口摂取O―S1等ドラックストア等に売っています。)
この暑い夏を無理のない程度に頑張りましょう。
ちなみにペットボトル水500ml+塩ひとつまみ入りの飲み物が手軽に作れ、熱中症対策の一つです。
経口補水液は、体内の脱水があるときに飲むと不味く感じ、脱水傾向にあるときは甘く・美味しく感じるみたいですよ。お試しあれ(*^-^*)

blog-diary

2019.07.29  医務室

7月夏の感染症予防について

風邪症状はのどや鼻からウイルスや菌が体内に侵入して感染することで起こります。
ウイルスや菌の侵入を予防する働きをするのは、私たちののどにある呼吸器細胞の表面に広がる「せん毛」と呼ばれるとても細かい毛です。せん毛は波のような動きをしてウイルスや菌を外へ出しますが、空気が乾燥している時や寒いときには働きが弱くなります。
のどを冷やすといけないのはこのためです。また最近の研究で、手や足の先が冷えることで、のどの周りも冷えることが分かってきました。夏でもクーラーで冷房や除湿を効かせた場所に長くいると風邪をひいてしまうことがあります。そのため、冷えた室内で長く過ごすときはえりのボタンを留める、首周りにタオルやガーゼマフラーを巻く、腕カバーや日よけの手袋をつけるなどで冷えを予防することができます。
さらに適時うがい・手洗いを行うことで予防効果を高めることもできます。

暑さはまだこれからです。夏風邪を予防して健康に過ごせるようにしましょう

Copyright© ibukien.jp. All Rights Reserved.