岐阜県垂井町の特別養護老人ホーム・デイサービス

社会福祉法人 白寿会 いぶき苑 IBUKI-EN

みんなのブログ日記

blog-diary

2021.01.30  椿

年末の出来事

「もうすぐお正月ですね」
「あ、本当?」
「クリスマスも終わってクリスマスツリーも片づけないといけないですね」
「ほうー」
「片付ける前にツリーの前で一緒に写真でも撮りましょう」
 パシャリ
 とてもいい笑顔の一枚が撮れました
 

blog-diary

2021.01.30  デイサービス

★はつらついぶき★

✿1月30日 ✿
今日のレクリエーションは、折り紙をしました🌈
可愛い箱を作りました😆💕
昼食は、ご利用者が作ってくださった、里芋コロッケを召し上がられました✨
「初めて食べたけど、美味しい!」と仰られました🥰
新感覚でとても美味しかったです🍘🎶

blog-diary

2021.01.30  医務室

緊急事態宣言のなか…

1月ももう終わろうとしています。
この冬は寒くて雪もたくさん降り、空気も乾燥していますね…
マスクと手洗い、手指消毒のおかげか風邪にかからずに過ごせています。

年末からコロナウイルスの勢いは止むことなく、緊急事態宣言を出され、『我慢』の日々が続いています。
また、それとともに、毎日更新されるコロナウイルス感染者数を確認し(岐阜県分)、高齢者施設での感染、クラスターの文字に恐怖を覚えます。

万が一の備えはできていも、実際に陽性者が出たときに適切な対応ができるのかの不安もないと言えません。

若い方の死亡率は低く、高齢者・疾患のある人は死亡率が高い… 
テレビで観る、重症者が管によってつながれている生命と、それに対応している医療従事者の緊迫感、観ていると胸が痛む思いです。

3密を避けることはもちろんですが、手洗い、手指消毒の大切さも改めて感じています。

コロナウイルスが流行する前は、家族や友だちと外食することが多々あり、そこでは大きな声で楽しく・おかしく話をすることも当たり前でした。
それが今、できない状況にあります。

外食産業の時間短縮が緊急事態宣言のなか行われていますが、何がなんでも外食してはいけないのではなく、食事やお酒を飲むときには、マスクを外さなければならないこと、そこで以前のように、楽しくおかしく大きな声で話したり、笑ったりすることで、無症状者のウイルスに感染することがあると意識していることがきっと重要なことだと思います。

家の中や、職場の休憩場所などでもマスクを外して会話することで感染しています。

人を疑いたくはないし、まさか自分が陽性だなどとは思いたくはないですが、今はそこを意識することが感染を予防する鍵になるのではとも思います。

もう少ししたらワクチン接種も始まります。そのことはまた、詳細が決まっていないため書くことは控えます。

今はただ一日も早く、効果のある安全な薬が開発され、ワクチンの安全性も確認され、コロナウイルスが収束していくことを願っています。

Copyright© ibukien.jp. All Rights Reserved.