岐阜県垂井町の特別養護老人ホーム・デイサービス

社会福祉法人 白寿会 いぶき苑 IBUKI-EN

いぶき苑ニュース

2016.05.27  デイサービス

お菓子作り

4月1日、お菓子作りで“ジャガイモのお焼き”を作りました。一人一人の方にジャガイモの皮を剥いて頂いたり、切って頂き、茹でて潰したジャガイモに小麦粉を入れお団子を作ってから、中に具を入れなどご自分で最後まで作って頂きました。「もちもちして、美味しいよ」と言って下さり、楽しまれました。(多賀)

2016.05.26  イベント

脳の元気はつらつ教室に参加しませんか?

pdf icon 7e0b5205828b464ad974331286aeed03.pdf
いぶき苑では地域の方が住み慣れた場所で元気に暮らしていただけるように、脳の健康教室を始めます。介護保険を利用されていない方でも参加可能ですので、是非参加してみませんか(^^)?
開催日:毎週木曜日 午前30分程度(旅行や病気のときはお休み可です)
費 用:月額2,160円(週1回の教室学習と毎日自宅でできる教材費です)
場 所:特別委養老人ホームいぶき苑 別館地域交流スペース
内 容:週1回の教室でお仲間とサポーターの方との愉快な会話と学習を楽しみます。
教材は学習療法の第一人者の東北大学・川島隆太教授が開発されたものを使用します。お問い合わせ 特別養護老人ホームいぶき苑 吉田・松原
TEL0584-22-5211

2016.05.24  ブログその他

エコキャップ回収を始めました♪

NPO法人エコキャップ推進協会が進めている「地球に愛を 子どもに愛を」運動へ協力するため、ペットボトルキャップの回収を始めました。
ペットボトルキャップ860個をリサイクルすると、ポリオワクチン換算で発展途上国の子ども1人の命が救えます。
また、日常生活のなかで頻繁に利用されているペットボトルのキャップを、一般ゴミに混ぜてしまうと、焼却処分されCO2の発生源になり、また埋め立て処分されると土壌を汚染し地球環境を破壊する事になります。地球温暖化の進行が心配されているなかで、キャップを分別回収することにより再資源化を促進し、CO2の発生を抑制できます。
いぶき苑は今後もこのような取り組みを通して、法人の社会的な責任を果たしながら成長を続けていきたいと考えています。(橋)

2016.05.24  デイサービス

花見

3月28日、相川公園に桜の花を見に行きました。満開に花が咲いており、またくさんの鯉のぼりが元気よくおよいでいました。心地よい風で良いお花見ができました(多賀)

2016.05.24  デイサービス

お菓子作り

お菓子作りで、ぼたもちを作りました。あんこも、小豆を朝からご利用者の方にお鍋で炊いて頂き作りました。作られている際には「懐かしいな。昔を思い出すわ」などと言われ、楽しんでおい菓子作りをし、美味しくいただきました。(多賀)

2016.05.24  デイサービス

垂井町展見学

3月11日、文化会館へ垂井町展見学に行きました。いろんな方の絵が飾ってある中、ボランティアに来て下さっている方の絵も展示されていて、とても綺麗でした。(多賀)

Copyright© ibukien.jp. All Rights Reserved.